FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこラブストーリー 感想

「たまこラブストーリー」を見に行きました。

本作は「たまこまーけっと」の劇場版。

たまこまは、2013年1月ですか……

確か、家でBSが見れることを知ってすぐのクール

見たいと思ってたし、タイミングがよかったなー、と思った覚えが。


ああでも、ひだまりとか神姫とかはギリギリで見れなかったんだ。


それでは映画の感想。

もちろんネタバレだらけなので









たまこま放送が結構前だったので、記憶も薄れかけていたのですが

どう思い出しても、こんな内容のアニメじゃなかったよなー、とか。


予想を5倍も10倍も上回ってラブストーリーでしたね。

テレビシリーズから恋愛要素はありはしたものの、それを前面に押し出されるとこんなにも破壊力があるものかと。


先輩方と見に行って、先輩方も言ってたことなのですが

もち蔵があっさり、あっさり?告白したのが、よかったですね。

わりと時間かからずにもち蔵側から告白して、以降たまこの苦悩。

まあ主人公だからそういう配分になるのは当然でしょうか。


テレビシリーズでは、確かあまりそういう部分を描かれなかった、と、思うのですが

恋愛とかに疎い、こういう女の子が、いざ告白されて意識し出す様は、本当にかわいい。


さすが京都アニメーション、たまこが本当に本当にかわいかった。

一挙手一投足がかわいい。時折色っぽさというか、かわいさだけじゃない魅力も見えながら


テレビシリーズ放送時からぼくは眼鏡たまこが好きです!!



たまこともち蔵の恋模様にも感情移入はしていたのですが

それよりも、やはりみどりちゃんでございます。


この見方が正しいのか正しくないのかは分かりませんし、

腐りきったこの脳味噌がそう見せてるだけかもしれませんが

みどりちゃんはたまこのことが好きですよね。

百合クズの偏見に塗れた感想です。そんなんが嫌な人はこっからも読まないほうがよさげですが。


テレビシリーズの頃から、あの、個人的に、

どっちつかずで山も無いような日常モノに感じてたテレビシリーズの頃から、

ほのかに匂わせていた、みどりちゃんからのたまこへの想い。


そう感じていたテレビシリーズで、よくある緩い感じではなく、結構真面目に

シリアス目にそういうのが描かれていたのが印象的で、すごく好きだったのです。


ラブストーリー、今回、たまこともち蔵の恋が描かれるということで

もちろんそういう部分も、描かれるんだろうなあ、と期待半分で……


そんなことばかり考えていたので、みどりちゃんに感情移入しまくりで

非常につらかった。

みどりちゃんがもち蔵をけしかけてたのは、どうせ告白なんてできっこないっていう思いと

できても失敗してしまえ、みたいな思いはあったのかなぁ。


昔から一緒にいたのは、みどりちゃんも一緒なんですよね。

お母さんの葬式のときの回想もあって、悲しむたまこを眺めるみどりちゃん。

告白されたことを一番最初に察したのも、相談されたのもみどりちゃんで

あの相談のシーンはすごく、すごくすごくつらかった。

たまこが悩んでるのが嫌、と言ったのは、本心でありながら精一杯の言葉だったんだろうな、とか。

すごくつらかったけどすごくいいシーンでした。


最後、教室で待つたまこのもとにみどりちゃんがやってきたとき

正直、悪いことばっか考えてしまいました。

転校のことだけでなく、もち蔵に休みだと言った、というのも嘘で、

たまこともち蔵を入れ違いにさせる、みたいな。

でもギリギリのところで思いとどまってみたいな展開かと思ったら、

みどりちゃんそんなドロドロしてなかったです。


そこでたまこに発破かけられるのが、また。

どういう心境だったんでしょうね。そのあとのシーンからも、吹っ切れたのかな。

かんなちゃんがやってきたとき、涙のひとつでも見せるのかと思ったのですが、それもなかったですね。

さわやか。

かんなちゃんはみどりちゃんの気持ちにも気づいてる節があったので、もう少しそういう言葉があるかなと。

でも、あえて何も言わずに、自分の前進につきあわせるってのが、それはそれでよかった。


とにもかくにも、みどりちゃん周りの描写が非常に丁寧で、素晴らしかった。

見終わった直後「たまこラブストーリーは百合」とつぶやいてしまったほど。



さて、他のキャラに関しても少し。

しおちゃん。告白されたことを打ち明けたときの反応がかわいかった。

案外積極的。戸惑ったりとかじゃなく、わっと喜ぶ感じの反応が、かわいかった(語彙不足)


かんなちゃんは終始、すっとぼけたようなノリでしたね。全体通してのギャグキャラみたいな。

でもちょこちょこたまこを助けたり、最後も成長を見せたり、みどりちゃんのそばにいてあげたりして。


デラたちはホント、空気でしたけど正直あれくらいでちょうどよかったですね今回の雰囲気的には。


あと大人たちもよかったんですけど割愛。



まとめとして、非常に満足でした。面白かったです。正直、予想の何倍も。

たまこもち蔵のあれこれに関してほとんど言及してなかった気がしますが

終わり方、あの終わり方も非常によかった。

たまこの口からちゃんと聞けたのが。

ほら、その部分からBGMだけになって口パクとかありそうじゃないですか。

でもちゃんと聞けたのがよかった。


ああいう、恋愛に疎い、ほんわかしたような女の子が、

いざ告白されて、意識しまくって、あたふたして、それでも最後は一生懸命追いかけて、

自分のことばで、ちゃんと、好きだと伝えるの


かわいい!!!


終盤、みどりちゃんにドキッとさせられたのですが

やっぱりたまこはどストライクですね。



という、雑感想でした。

相変わらずまとまりの無い。





では

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。