FC2ブログ

記事一覧

ジャンプNEXT 2015 vol.4 感想

先日発売されたNEXTを
ようやっと手に入れられて、ぱらっと読んだので
またてきとーに感想を書き連ねたいと思います。

クラウンに比べればまだ身内に読んでる人間がいる、気がする。

今回はまた、とある事情にて色々と期待の高まるものであったので
いつも以上に楽しみだったのでした。



順番に書いていきましょう。
例の如く読み方が雑だし読んでない作品もあるので。
クラウンに比べると全体的にそもそもの期待値が低いのです、仕方ない。

『ZIPPO!!』 芝田優作 先生

かの有名な『ヨアケモノ』の作者、芝田先生の新作読切ですね。
当然後述しますが今号は『ハイファイクラスタ』の後藤先生の読切も載っていて

前回屋宜先生と石山先生のが載ったのから、
ああ、NEXT、そういう方向でいくことにしたのかな?って。

『べるぜ』とか『ソウルキャ』とか『黒子』とか、本誌連載終了作品の受け皿になって
そのあたりで推していくのかなーって思ってたら、べるぜは終わるしソウルは移籍するし
いまいち方向性が定まらない感じが。
新人漫画家の読切だけじゃ需要が薄すぎてってのは分かるけど。

どちらにしろ身内で読んでる人、本誌に比べて相当少ないけどな。


はい、さっさと作品の感想へ入りましょう。

わりとよくある?パワードスーツ?モノ?を、
着ぐるみ要素を付加して少し変化させてきたのは面白いなと思いました。

ただそのわりには結局ロボ感が強いし、着ぐるみ感が薄まってて
ちょっともったいないかなって。
カラーページで空飛んでる丸いやつみたいなのがメインで
愛らしさを推してたら、個人的にはもっと良さを感じられたかもしれない。

ベイマックス?

全体的に良かったです、連載とかなっても色々やりやすそうなネタでもあるかなと。
それこそ、先述のような着ぐるみ要素でマスコット感を出したりすると
何となく、ヒロアカの個性的なヒーローたちみたいな、そういう要素にもなりうる?とか。

ただ読んでて気になったところが
この課長が腕を失って、主人公が警察目指すと決心した事件と
最後出てきた犯罪者さんが課長と因縁持ったらしい事件に何も関連性がなかったこと。

主人公と課長の間のエピソードがあって、そこがキーになってるのに
出てくる敵は、全然まったく関係ない、別件で課長に因縁があったらしい、って
ちょっと、敵の印象として薄いかなと。

あと、旧型は燃費が悪くて10倍重いのは、パワーがデカくて10倍頑丈ってやつが
どれくらい読者に納得させられるか……

○○型って言われても、そうピンとこないよね。
火力、風力とか言われてると発電の話かな?って思うけど、重力……?
ちょっと、ぼくは、文系なので……


『GOLD』 門里慧 先生

賞金稼ぎのお話。
最初に出てきた伝説の賞金稼ぎがpzdrのオーディンかと思った。

あと何となくの印象だけど、この冒頭の過去話、
他の読切ならざっくり2~3ページで終わらせてそうじゃない?

主人公の汚らしい見た目はあまり好きじゃないかな。

これ読んでてすごい印象的だったのが
敵が、別に主人公とかその近しい人間に対して何も悪さをしていないってところなんですよ。

よくある読切として、語り部ポジションの人か、その身内が
何かしら悪者に巻き込まれて、そこを主人公(ヒーロー)がぶっ飛ばしてエンド
っていうテンプレ王道があるじゃないですか。

特にNEXTはそれの、ちょっと設定を変えただけみたいなのが量産されていて
正直飽き飽きしていたところではあるのですが
それと照らし合わせてみると、この読切は

敵は、主人公がたまたま会った賞金稼ぎに「倒して来い」って言われただけの
その辺の犯罪者(その辺の犯罪者ってすごい言葉だ)
別に主人公に何かしたわけじゃないし、主人公も別に、この相手に対して何か思うところがあったわけでもない。

賞金稼ぎの仲間に入れてもらうための、ただの課題をこなす感覚ですね。

それがある意味新鮮ではあったのですが、
どうもそれだとしっくりこない。
やはり何かしらの因縁はあってほしいなと。

そう、因縁ですね。

ぼくは、この課題をふっかけた賞金稼ぎが、この課題のあとに何か主人公に立ちはだかると思いました。
悪そうな顔してるし、まだ因縁(めいたもの?)があるとは言える。

と思ったら何もない。
そして、主人公を認めてくれたおじいちゃん。

最初読んだときは時代の流れを理解してなかったので起こった間違いですが
こいつがてっきり、冒頭に出てきたオーディンさんかと思ったんですよ。

それもまた、よくあるタイプの展開ではあるんですが
そういう因縁も、やっぱりこっちは期待してしまう。

でも実際、オーディンさんと会ってから経った年月は3年ぽっちだし
この人がオーディンさんであるわけがない。
たまたまあったオッサンなだけで、因縁が無い。

ポッと出てきたオッサンに、
ポッと出てきた賞金稼ぎから課された課題(ポッと出てきた犯罪者を倒す)をクリアしたことを認められて
そのまま何か旅に出ることになる。

「しかもシルバー!」って言われても、(口頭での説明はあったものの)階級の差なんてよくわからないし
そこでじゃあ、冒頭に出てきた凄腕の賞金稼ぎ(オーディンさん)と同一人物でした、とかなってたら
分かりやすく「すげー!」ってなるし、認められた主人公も「すげー!」ってなるのに。

とか、そんな感じでした。
そういうテンプレを、そういう外し方をしてきたという点では、面白いかなと思いました。


~~
絵の下手な妖怪モノとパッと見の不良っぽさなんてもう飽き飽きなのです。
~~
絵の下手なギャグ漫画も要らない。
ギャグなら絵が下手でもいいみたいな風潮は消え失せればいいと思う。
そもそも読みもしないからな。
~~


『cute』 後藤逸平 先生

あの『ハイファイクラスタ』でお馴染み後藤先生の新作読切。
ボクシングが題材。
週刊連載中は、まあ当然週刊だし、絵が荒くなるのも仕方ないかなと、
そして今回読切となると、流石に絵の気合の入り方は違うなと思ったら
扉開けて2ページ目でいきなりトーンはみだし(しかもコマ枠外へ)を見つけてしまって
ちょっと悲しくなりましたとさ。

あとコピペが多いと、やっぱ気にはなりますよね。

事故で幽体離脱展開は、予想外でした。という意味では面白かった。
まあこういうのは結局、才能が無いと思われていた主人公が
見る人が見れば実は才能があって、そこを伸ばせば活躍できるっていう
それもまたテンプレなんですよね。

しかし幽体離脱させる必要性はあったのかな……
有名ボクサーがこんな貧弱主人公につく説得力?
幽霊とか、他人に見えない系のやつは、
主人公が周りから見るとただの不審者にしか見えないし
あんまり好きではないんですけどね。

幽霊にしたくせに、中途半端に物には触れるようにしたり
設定を扱いきれてないのでは?って思ったり。


『箱の中の青』 木下敬次 先生

女の子が主人公ってだけで評価するマン

LINEを使ったホラー要素はちょっと面白かったですね。
ちゃんとホラー感あった。
ミステリー要素は、まあ、ページ数限られる読切だし
そんなたくさんトリックは仕込めないだろうし、まあ。

あと作り話とはいえ
「友達に裏切られ 家に放火され全身に火傷を負い」って
踏んだり蹴ったり過ぎるし、流石に友達に放火されたんじゃないよな……?

もともと幽霊とかその能力とかふわっとしてたし
そんな突き詰めるところじゃあないとは思うけど
終盤の幽体同士の戦闘シーンは、乗りきれなかったな。

あとたまに、色々読んでて思うけど
語り過ぎないことは良さげな雰囲気を作るけど
語り過ぎないことで分かりにくくなっちゃいけないよね、という。

たとえばこの話だと、この幽霊の過去の部分がラストで少し描かれるけど
読んでてちょっと分かりづらかったよね。
情緒的なアトモスフィアはあった。あった、かな。

あとあと、ホラーと、感動と、コメディと、どれも入れようとして少しずつ削り合ってるような
そんな印象もあった。
冒頭でコメディかと思って、中盤でホラーでミステリーかと思って
終盤で感動ものか、と思ったらやっぱりコメディ?みたいな。
ある意味少年漫画らしい?のかな。
ホラーとかだと何となく、SQ系なイメージが。


『黒子のバスケ』 藤巻忠俊 先生

これにもコメントするのか……?って感じですけど
いやもう、前回からそうですけど、本当に盛り上げ方を分かってますよね。

キセキの世代チームってだけで良いし
前回ラストの、青峰と黄瀬の能力解放も熱いし、
そこから今回のコンビネーションでの圧倒と、黄瀬の自己犠牲と。

黄瀬と青峰は凄い好きですね。本編でもいい対戦してたし。
もはや黄瀬が主人公では、とか思った覚えが。

「今この瞬間だけは コート上の選手で最強は黄瀬だ」とかすげー熱い。

そして、そしてそっからの、赤司ですよ。
つい先日まで黒子のアニメがあってて、赤司が大活躍してて
そこで、赤司の変化とかやってたのもあって。

もうラスト3ページくらい、めっちゃ鳥肌立った。
ここもアニメやってほしい……とか思ったり。
神谷浩史の声つきで、見たい。

今気づいたけどこれラストのセリフ、英語で言ってるんでしょうね。


『今日からMON HIGH』 落合更起 先生

パンチラはいいですよ。
クラウンの感想のときも書きましたけど、きっちりお色気要素を入れてくるのは好印象。

あんまり面白くなかったけど。

納豆要った……?
って言っちゃいけないんでしょうね、
シリアスな笑い的なあれなんでしょう、うん。


『JAPAN'S』 小田島諒 先生

これです、これが今号が楽しみだった理由。

体操漫画。

友人に、同じく漫画家を志すやつがいて
そいつも体操を題材とした読切を描いていて
そしてやっぱり、同様に、「小柄」という点を推していたのです。

これはもうチェックするしかないでしょうよ、と。

ということで、この作品に関しては特に見る目が厳しくなるというか
良さがあろうとも目を向けたくないみたいなスタンスです。申し訳ないけど。

冒頭のセリフ回しが(言い過ぎかもしれないけど)センス無いな~って思いました。

「毎日何時間もトレーニングしてるよな、こないだなんて夜11時なってもやってたぜ?」
「マジで!?こないだ朝5時くらいにも町内ランニングしてたし…超努力家って感じだよなー」

っていうのが1コマ内に、吹き出し2つに収まってて、
なーんか、すごーく、見てて違和感がある。

特に後者とか、この言葉を発してるのは子供なんですけど
子供が夜11時とか、朝5時に外を出歩くか?ってなる。

そしてそのあとの、通りすがりのおばあちゃんの
「これだけいつも頑張ってればきっといつかすごい選手になるね。努力は必ず報われるよ!」
これもひとつの吹き出し内でガッと言われていて
すげー違和感。
言うかもしれないし、漫画的に必要なセリフなのかもしれないけど
どうも読んでてしっくりこなかった。

あと個人的に、同じ言葉を連続で繰り返すことが気になる人間で
コーチとぶつかったときの「あっ!!ごめんなさ…」
で次のページでまた「あ…ッごめんなさ…」って続くのも、引っかかる。
もう少し言葉を変えれなかったのかな。

どれだけ気にする人間がいるのかという話ではあるが。

あと「輩にぶつかっちまったぁ!!」っていう表現も、
ちょっと聞いたことない表現で、やっぱり立ち止まった。

全体的に絵は、特に人物に関しては、NEXTにしては上手いなあと思ったんですけど
背景が雑になるところがあるのが残念ですね。

特に、閑散とする体操教室とか、もう少し大きく、器具が並ぶ様子とか見せたり、
小さく扱うとしても、もう少し丁寧に描かないと、
体操好きの人からの印象もあんまよくないのでは?とか要らん世話を焼いてしまう。

(ぼくもよくやるけど)デジタルのパース定規使ってテキトーにサッサ線引いただけじゃない?みたいな。

あとこれは、その友人が描いてたやつに対するアドバイスを聞いてたのもあってってやつですが
コーチが見本見せるシーンは、高さが微妙に伝わりづらい?

もう作品名出すけど友人の描いた『SALTO』ってやつは
1ページ(正確には見開き?)使って
この鉄棒での跳躍?の高さを見せていて
やっぱり、絵的な凄さを感じました。

身内のひいき目なしに、背景とかは友人のが上かな。
スポーツもの(に限らないけど)で、フィールドと使う道具が丁寧に描写されてると
そのスポーツへの愛みたいなのは感じるよね。

唐突な富士山は、岩代先生のPSYRENがあったせいで
ちょっと笑っちゃうからやめてくれ
(サイレンで、その世界が日本であることを示すために富士山を出したけど)
(あんまり富士山に見えないとか言われてたから)
(それよりも東京タワーとかのほうが分かりやすく日本って示せるんじゃね?とか言われてたから)

体育館とかもすげーテキトーだよね。印象よくない。

急に出てきた「ああああああ」の手とか。
ポエミとか。
やっぱその場面ポエるんだ……みたいになってた。

着地のところの絵は良かったです。
オリジナルの技を出す場合はうんたらかんたら
SALTOがムーンサルトを扱ったのと、これまた対照的というか。

最後に、この大会がどういう仕組みなのかは知らないけれど
鉄棒決めただけで金メダルとれるんだな。
セリフ的に、それなりの価値はあるメダルっぽいし。

なんか、ノリとテンションでドーン、だな


『スパイ系女子』 彦根洋平 先生

なんかよくありそうな気がするネタだけれども
嫌いじゃない。
嫌いじゃないだけに、もう少し画力があれば、もっとよくなったかな?とか。

こういう、女の子の可愛さが必要な題材で
ちょっと画力が足りてないと、かなり勿体なく感じてしまう。


『カラグリラ』 平野稜二 先生

センターカラーです。今回の編集部の推しか。

カラー貰ってるだけあって画力はピカイチだし、それだけで好印象ですよね
特に、画力が残念な作品の多いNEXTにおいては。

そう考えると今回は全体的に画力は高かった気がする。

語り部が女の子なのもよし。わざわざ短いスカートなのもよし。

西南戦争でサイボーグが作られたっていうので笑ってしまった。
どんな技術力なんだ。黒船とか宇宙に行ってそうだなオイ

そんな野暮なツッコミはこの辺にしておいて。
まあ、内容はテンプレだし特に言うこともないのだけれど、
単純に完成度は高いと思うので、うん。

てかサイボーグが作れるような技術力はあっても
アンパンの値段は史実通りなんだね……そこも突っ込んじゃいけない?
別にサイボーグとアンパンに繋がりがあるわけでもないんだけど。

ヒロインが背負い投げされたところパンツ見えてもよかったのだよ(アホっぽい)

皮剥ぎの説明の部分は、作者さんのこだわりが見えていいですね。
こういうところに愛を感じる。
ミニスカートっていう衣装にも作者のこだわりを感じる、いいよいいよ~


~次の作品は、何か力尽きて読む気が起きませんでした~
~メインにかわいい女の子もいなさそうだし~
~パラ見で、絵はすごくいいです。ちょっと白いのが気になるけど~


『不幸のトーノ』 原作:繁在家政之 先生 漫画:岩崎優次 先生

ぼくの今回の一押しです。
すげー気に入りました。

ギャグ要素もすごい効いてたし、ちゃんと女の子もかわいい。
ちゃんとラブコメしてるし、そのラブコメが最後の山場に効いてる。

こう、微妙に女の子の反応が薄いのがいいですよね。
反応が薄いけどノリは良すぎる、みたいな。魅力的です。

嫌いな男性のタイプは?でちゃんと主人公が嫌いなタイプじゃないし。
主人公も妙に有能すぎるし、有能すぎて裏目に出るし。
ちょこちょこヒロインの反応見て「かわいい」って思っちゃうところがいい。
読者も同じタイミングで「かわいい」って思ってるよ(個人差があります)

実験体に起用のところとか、ヒロインのノリの良さもいいし
ちゃんと主人公がノックアウトしてるのもいい。いいしか言ってない。

好きな相手を積極的に恥辱に晒して行こうとする姿勢は
清々しくてよい(内容からは全然そんなやらしさは感じないところもまたよい)

先にも書きましたけど、ちゃんとラブコメして、
ヒロインが主人公を好きになって(これだけやったらそりゃ好きになっちゃうよね、とも分かる)

それを利用した最後のネタ、裏切りでもありながら、期待通りっていう感じ。

女の子の前で女の子の好きな人が死ぬ悲劇の良さは
クラウンのときも書いた気がしますね……

そのショッキングさはとても大きく、大切なものだと
ある種、物語に必要なものだと思うので
それを上手いこと使ってきたな!みたいな、そんな感動がありました。

ちゃんと飛び降りたしね。

見開き使っての絵的なインパクトもとてもいい。

個人的には直後にもう少し女の子に絶望的な顔をしてほしかったけど
全体の空気感もあるし仕方ないね。

誓いの口づけを、とかいうアホみたいなノリも良い。

そして最後の最後のオチな何なんだ。面白かったけども。

と、ここまで良いしか言ってこなかったように、本当に色んな部分がぼくの好みに刺さって
本当に気に入ったのでした。
NEXTは特に、主人公が化け物ぶっ飛ばして完!みたいな王道テンプレが多いですから

そこにこういうのを挟まれると、一気に評価が急上昇する。
原作作画分かれてるだけあって、ちゃんと、ちゃんと絵がかわいいのも良い。

NEXTとかは特に、ネタだけで獲ってる感あるけども
ちゃんと絵も重視してほしいものですよ。

金とってるんですよ。こっちは金払ってるんですよ。
新人とはいえ、ぼくらはこの漫画たちにお金を払っているんです。

どこぞの編集部の毒舌座談会じゃないですが
「富樫先生レベルじゃないと許されない」ってやつですよ。


『鈴機鉄郎』 鳩野宗輔 先生

またロボか。何かとロボ要素入れてる漫画をよく見るようになった気がする。

身内にロボ娘好きがいるからかもだけど。

ち ゃ ん と パ ン ツ が 見 え た 点 は と て も 好 印 象 で あ る

周りの男子もちゃんと言及してる点もいいですね。
そういうところに正直であってよいのだ。

まあ、わりと面白かったです。
なんか、全体的に、あんまり突っ込んじゃいけないノリな気がするし。


『GET YOU BACK』 西村大輝 先生

珍しく?重い系の話だなーって印象でした。
あまり胸糞の良くない設定多めな。

ホモ神父が全裸で女の子の前に現れるとか、攻めてんな~って。
まあ、これは、全体的な画力な話にも繋がってくるんだけれども
もう少し、ヒロインがその全裸を見て、反応を見せてくれたら……とかいうのも。

気になったのは、このヒロインの、祖父への感情ですね。
危篤の知らせを聞いて飛んでくる程度には好きだけど
でも家の場所は知らない。
家が燃えてるのを見て涙を流すし殺されたことには怒るけど
最後はおじい様が嫌いだったとか言うし

まあ、肉親に限らず人に対する感情なんて分からんものですからね

あとやっぱり絵の雑さは気になりますよね。
ちゃんと描き込んではいるんだけども。
そういうトコ以外を評価されて掲載されてるんでしょう。

ジャンプはそういうトコあるっていう話も聞いたことあるし。


以上

どうも最近、毎回アンケで1位を決めてちゃんと発表するらしいので

ちなみに第2回の1位、金鉄先生のは当てました

前号のは、殺され屋のやつだと予想。

そして今回は、当然『不幸のトーノ』でいきます。

なお自分は投票しない模様

次号で前回分も合わせて発表されるようですね。
ぼくの目が節穴と証明されてしまうのか、否か


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント