FC2ブログ

記事一覧

ジャンプNEXT 2015 vol.6 感想

年末、今年最後のNEXTですね。
週ジャン本誌が正月休みの代わりと言わんばかりの発売日。
まあ、いつものことなんですけど。

毎度の如く雑に感想を書いていきましょう。
今回は特に雑に。あんま時間かけるのもアレなんで。

『しのびや屈』 近藤信輔 先生

『ジュウドウズ』で本誌連載をしていた近藤先生の新作です。
要するに今回の、本誌打ち切り陣枠。
柔道のほうをぼくは読んでいなかったので、比べてどうというのは言えない。
ただ、パッと見の印象として柔道と同じような感じだなーって。

まあ、絵自体がそんな変わってないっていうのが大きいのかな。
柔道のほうも、こんな感じにたくさんキャラが出てきてた、ような。

まあ、そんなに面白くはなかったですね。
数あるNEXTの読切の中のひとつ、くらい。


『ブリキライオン』 宮島京平 先生

見覚えある絵だなーって思ってたらずっと前?に載ってた
ヒーローと侵略者がアパートの隣同士で恋愛関係ってアレですね、アレ好きでしたね。
確かウチの、NEXTとかもう見れなくなったらしい先輩が依然絶賛してた覚えがあるような無いような。

この作者さんは喧嘩ップル(という呼び方が相応しいのかは知らないが)が好きなのだろうか。
ただひたすらに絵が可愛らしいので良いですね。
友人たちとのわちゃわちゃとした掛け合いが微妙に読みにくく感じたかな?
読切だし仕方のないことなのだろうけど、「武術家」ってのを連呼する序盤あたりとか
少し不自然さが。おそらくそれなりの付き合いのある友人同士の会話としては~って感じ。
いや仕方が無い、読切だし、説明はしなきゃいけないんだ。

敵さんが接近してきたとき、女の子の格好をしていたのでとーーーっても期待したのに
ただの女装ってのはガッカリだよ!!!
もういっそのことレズゥな展開にしてくれても主に個人的な趣味でアリだった……

いやそしたら主人公は殴れないか……くっそ

絵とか、これまでの掲載歴とかから1位有力候補かなーと。


『平和マシン』 谷本達哉 先生

孤島に収容された少年少女って、てっきり監獄みたいなものかと思ったら
案外平和な学習施設であった。
子供を兵器にするための施設って設定はわりとありそうですが
子供に兵器を開発させるための育成施設ってのは珍しい、ような。

冒頭で何となくナルトみを感じた。ナルトとサスケみたいな。
まあ単純な対立構造的には似たようなところはあるんですが、
こちらは男女だし。

諸々の発明品のトンデモさをハッタリの内に捉えるのなら
かなりまとまってて面白いと思いました。
絵も未熟さは見られるものの、一定の可愛らしさがありましたしね。

先にナルトを例に出したことでふと思いついたことですが、
立ち位置的にまさにお色気の術だよなー、
しかしお色気の術が本編内でここまで役に立ったことがあったろうか。

もっと絵が良ければ、たとえば海を見渡すシーンの迫力も増しただろうし、
最初の変身のところのやらしさも増したろうし……

うーむ、やっぱりこれが一番話としては好きかなー

あと設定見て思うのは、戦争が無くなったら発明家の食い扶持が、みたいな
戦争は経済を回す的な、そういうあれこれとかも噛ませたくなってくるよね。

これくらいシンプルでもいいんですけどね。


『死後看護師 御影』 冴豆祐人 先生

「塩です」でめっちゃ笑った、いや、あれは全然関係ないんだ、うん。
絵はすごくいいですよね、霊のデザインも素直にすげー怖いと思った。
女の子の霊やばいでしょ、何秒と見てられなかった。
もともと蓮コラとか見れない人間だってのもあるのですが。

しかしやっぱりというか、最終的にバトルに収束するのは流石ジャンプというべきか。
でっかい注射器とかもう……


『ガチピン。』 伊達恒大 先生

こちらも本誌打ち切り陣枠ですね。
あのサッカー漫画はこんなかわいい女の子いなかった覚えあるんですが
どうやらジャンプ+の読切とかで、こういう路線いってるっぽいですね?

確かにかわいい女の子ばかりでいいのですが、この漫画はもうダメですね。
完全に許されない。

眼鏡っこの眼鏡をとるんじゃない

なんでこれやるの?馬鹿じゃないの?
最近はわりと、これが愚行として広まってると思ったんですけどねぇ
艦これの霧島さんとか相当荒れたでしょ。

てか今どきさあ、地味眼鏡のコを輝かせるっていう課題に対して
眼鏡外したら美少女でしたとかさあ、もはや考えを放棄してるよね。

まあでも主人公自身が言っちゃってるもんな、輝きは作れないって。
主人公の腕でも何でも無しに、結局は素材が良かっただけなんだよな。

あー腹立つ。最終的にスカートも短くしやがって。
絵がかわいかろうと要所でエロかろうと、こればっかりは許せん。


『NECRO』 天塚啓示 先生

好きな漫画『BLEACH』『DOGS』

わかるで、絵がもうな。

しかし19歳で2回目の掲載とは……末恐ろしい。
スカウトキャラバンにゃ中学生の逸材も現れてるようだし。
……中学生は青田買い過ぎないかい!?

内容に関しては、非情になりきれてるところは良いですな。
まあ死ぬだろうなーと思ったらちゃんと死んだ。
唐突に「突然変異種」とか出てくるあたりが微妙だったけど。
まあ、悪く言ってしまえばその辺の展開が安っぽい感じかな。
仲間との約束とかね。

しっかしところどころから本当にブリーチみが……


~本誌連載陣番外編~
ものの歩も許されない。
ぼくはこの香月が男か女かがこの漫画の評価を分けるところだと思っていて
それを弄ぶかのような……クッソ

いやぁ、連載開始時は何とも好みのキャラデザの女の子を出してくれたものかと思ったのに
最近になって性別がまだ不明だということに気付いて、本当に切りそうになった。

~黒子~
せっかく覚醒しかけた紫原くんの扱い悪くない?
ゾーンに入ってもう少し活躍してくれるかなーと思ったのに。


『GAGA』 田中勇輝 先生

眼鏡が女かと思ったら男だった、と気づいた瞬間気持ち悪くて見れなくなった。

あとジャンプの読切等々全般に言えることだけど
主人公の特徴づけの方向性間違えてるようなの多くない?
ビジュアルが気持ち悪いの多すぎない?
奇行ばっかりとかさ。正直このビジュアルでウケるとは思わない。
本誌連載陣をざっと見ても、ウケてる作品はどれも主人公の見た目すっきりしてるでしょ。
それでも未だにそういう読切が多かったりするのは、何故なんでしょうねぇ。

『リンゴ。』 寺坂研人 先生

なんだ、最後に「。」つけるの流行ってるの?
バクマンは少し前だぞ。

これも先程と一緒ですね。主人公の顔。
そんなところで特徴づけなくてよくない?なんかすげー気持ち悪いんだけど。

ラグビー推したいのかなぁ。
最近のアレもあったし。
少し前は体操の読切もありましたね。
やっぱり勢いがきてるスポーツとかはそのときに推したかったりするのかなー

この漫画のハッタリの効かせ方はあんまり納得できなかった。
スポーツものはその辺が特に見る目が厳しくなりがちなのかも。


『Dancing ReD』 坂口亜樹 先生

身内にロボ娘好きな先輩がいるものだから、
敵がロボって出た瞬間からこの女の子がロボット展開あるんじゃないかとハラハラしてしまった。
仕掛けがあったのは見た目のまんま包帯のほうであった。

腹空かして倒れても血が勝手に運んでくれるって楽ですね。

「踊れ」がちょっとダサいな、と思っちゃいました。
そろそろぼくもそういうのダメになってくる頃なのかな。

「ぼくの最弱でもって君の最強を」もダメだったし。


『魔界トラベル』 新田太郎 先生

よく見たら結構きれいな絵してますよね。
若干鬱陶しさを感じるのは何だろう。

あとほとんどトーンを使ってませんよね。
魔界の風景とかもっとトーンとか使ったり
やりようによってもっと上手いこと見せることできると思うのですが。
魔界観光がテーマな作品なのに、
ラストの見開き以外で特に魔界の風景にピンとこない。

ラストの見開きを印象付けるために、それ以外をトーンとか少な目でやってるのかもしれませんが
ラストもラストで、海と夕焼けだけ浮いてるような印象。

ヒロインのズボンとかの細かいところにトーンは使うのに
それ以外はあっさり。
もっと引きの、広い画面の使い方があってもいいのかもですね。

まともに漫画も描いたことないくせに偉そうなこと言ってまーす。

あと個人的にこれも主人公のビジュアルで損してるひとつ。
攻撃喰らったあとのところはいいんですけどね。


『エイリアンズエイジ』 仲間只一 先生

ひたすら読みづらい、ってかそのせいで読んでない。
紙印刷だからですかね?印刷潰れまくってて読めたものじゃないんですが。

最近はデジタル配信もあるので、その辺緩くなってるのかもしれませんが
編集側で調整させることってしないんでしょうかね。
圧倒的画力なのはいいけど、紙でも出ているからには
紙の上で見やすい絵にしてほしいですね。


『超重課金バンガード』 戸塚慶文 先生

とても面白かったですね、これも1位候補のひとつです。
ただ、若干絵で負けるかもしれない、というのが悩みのポイント。

ケチな人間にヒーローやってもらうのに戦うのに金が要るとか、
結構めちゃくちゃなところとか笑ってしまった。
ベルトにのまれずに~ってことは要するに
戦うのに課金は必要だけれども、課金に溺れてはいけないみたいな
今の課金芸に対する皮肉みたいなことなんでしょうね。

(ちなみに最近「課金」の使い方が間違ってるというのを見たばかりで)
(なんとも言えない気持ちになったのでした)

あと蓮古院とかいうふざけた名前も、一億課金のところで効いてきて
すげー笑った。
金に対する綺麗事を言うたびにそのままブーメランが返ってくるようでよい。

お給料が出ないことに関してちょっと酷いなーって思ったのですが
まあこのコが奥さんになってくれるのならヒモでも……
いや、一応世界のために戦ってるんだからヒモじゃあないのかな……



最後のやつは読んでないです。


さて、前回のアンケ1位はアンデッドでしたね。
対抗馬として挙げてました、まあ、実質当たりでしょう(目逸らし)

今回も分からないですねーーー
ここまでで書いてるように
絵とか掲載歴も考えると『ブリキライオン』
センターカラーでもあるし、とても面白いと思った『バンガード』が双璧。

ただ個人的なお気に入り度でいったら『平和マシン』

ぜ、全然絞れてない……
とりあえず腹くくって、『ブリキライオン』にしておきます。

こっから本誌にあがってくるのはいるんですかねーー



では
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント