記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版アイカツスターズ! 感想

初日です、見てきました劇場版アイカツ!
アイカツスターズとアイカツ、一緒にするかどうしようか迷いながら
色々考えてたら分けられそうなくらいの長さになる気がしたので
分けて書きます。

女の子同士が色々アレするアレが好きな人間が
更にこじらせた上での感想なので、あらかじめご容赦ください。

~~
ここまで同文。
今回はスターズ側の感想です。巷では同性愛だのなんだの言われてますが……
いや、否定できませんが、言い逃れできませんが、なるべくそういう方向性は排除……排……

排除できるか!!



さて、無印アイカツの劇場版のときとはまったく状況も違って
アニメ開始から1クールとちょっとでもう劇場版。

アイカツと同時上映ということで、それこそやはり
シリーズの変更とともに離れた人とかもターゲットにする狙いがあったりするのかも。

あらかじめ出てた情報としては、ゆめロラの痴話喧嘩(もう前情報の段階で察する)
あとは先行上映組からの「同性愛」というキーワードですね。

テレビシリーズからも素敵な繋ぎ方をされてましたね。
おのずと期待感も高まるわけです。

今回は最初から順序を追っていきましょうか。

~~
何処かの感想で見たのに同感だったので真似するように書きますが
スターズは、既に仕事が決まった状態から話が始まることが多いですよね。
オーディション自体が減ってるような、とはあかりジェネレーションあたりから感じてたことですが
(実際調べたわけではないので、完全なる感覚での話です)
その辺は意識してやられてることなんでしょうなぁと。

オープニングイベントに関して言うならば先述のように直前のテレビ放送部分で
きちんと素敵な話で描かれていましたけど。

4人でのアイカツステップ、いいですねー。
小春ちゃんが入っていないのはとても残念ですが!!

これはねぇ、流石にしおんちゃんばりのおあずけを喰らうことは無いとは思いますが
是非とも素敵な登場をしてほしいものですね。
それこそこの、劇場版という一大イベントにステージで参加できなかったその悔しさを
完全に吹っ飛ばせるくらい熱い展開で。

劇場版のお仕事から解放されたサムライピクチャーズ全面協力により
他のCGモデルと明らかに一線を画したクオリティでゴニョゴニョ


水着回。日焼け対策は大事。キャラ紹介でやたら「完璧主義」を強調される真昼ちゃんらしい。
テレビシリーズであんまり出番なかったような気がするあこちゃんも何気に仲良くやってるのいいよね。

というかちゃんと1年生の中でも実力者として描かれてるのがいい。
それを言うと真昼ちゃんもですね。
オープニングステージ選抜でも、ローラより上ってのがすごくいい。
そういうの好きですよー。


そして劇場版用の新キャラ登場です。マオリちゃん。褐色ロリである。
直前特番でチラリと映って「!?」ってなりました。
映画用のキャラの登場を想定してなかっただけです。
前も花音さんとかいたじゃんってね。

そう、伝説のドレスの話。こっちは伝説のドレス。魔法ではない。
しかもドレス自体の伝説ではなく、それを着ていたアイドルが伝説だった(?)
書いててよく分からないですが。
嵐を治めた双子のアイドル。確かにモスラを想起せずにはいられない。

モスラ見たことないですけど。色々あって多少の知識はあるくらいでした。


さて学園長の策謀が始まるわけですが。
ここ結構好きでしたねー。何が好きかっていうと、実力のある1年生トップ2を組ませて
学園で売り出すという案。
ゆめロラの仲とかを考えない場合かなり良い手だと思いますし
普通にその戦略はいいと思いました。

加えて、ゆめちゃんはひめ先輩の相方候補に、というもの。

これも凄くいいと思いました。おそらく学園長はゆめちゃんに何かを見て、
何かを重ねて、いくつも潰そうとするような試練を与えてきて
それがゆめちゃんを更に高みに導くためのものだと思っていて、
今回のそれも、ゆめちゃんの可能性に期待してのそれだと思って。

無理やりゆめロラを離す理由づけとしては角も立たない良い塩梅だと

思ったんですけどね~~~
ラストのあの場面は、個人的には要らなかったな~~~
とは思うのですが、ぼくみたいな凡人が要らないと思ったような描写を入れたということは
それ自体に意味があるのだろうと思います。

テレビシリーズ含めて学園長の今後は気になるところですね。
無印では常に味方だったポジションなだけに、ずっと学園長が敵役っていうのは
かなり物語全体から受ける印象が違ってきますからね。


そしてゆめロラ痴話喧嘩。
一目があるところで騒動起こす系って、まあ、これくらいだとそこまで気にならないのですが
物語として結構あるものじゃないですか。
叫んだり泣いたり。段々とそういうのが気になりだすので、
きちんと周りが引いた目を持ってたり、スキャンダルになってたり
友達がそれを指摘して反省する、という描写があるのはいいですね。

ここがアイドルたちによるお祭りの場で、それを楽しんでるお客さんに溢れていて
自分たちもそこで提供する側のひとりなんだと自覚すること、とても大事。

さて自然と組んでいた「あここは」ですが。
いいですね、なるほどこのカップリングもあるのか。
確かにこないだのあこちゃん回でも組んではいましたけど、
今回結構ギャグ部分を担ってくれたふたり、
小春ちゃんは特に、そっちもいけるのかと感心しました。

小春ちゃんは本当にカップリングに悩みます。
幼馴染至上主義のワタクシとしては、いちあお同様
幼馴染&一緒にアイドルになる&同室コンボにより絶対ゆめこはだと思っていたのに

わりと早々に、ゆめロラのが正義かもしれないと。
いやしかし、ゆめロラこはの3人組も凄くいいし、
ロラこはも、何気に呼び捨ての間柄なのがいいし、と思っていたのに(2回目)

美組コンビとして、真昼ちゃんの登場。完璧主義でツン?クール?の入った真昼ちゃんが
唯一緊張を解いて、優しい顔で向かい合える相手としての小春ちゃん、
みたいな関係が出来上がるのでは??と期待していたまひこはが
今では有力なカップリングだったのに

そうか、あこちゃんとも合うか、小春ちゃんよ。流石香澄夜空を目指す者。

~~
夜空先輩と言えばおばけやしきのシーン。
玉五郎先生を使って、なるほど、そうやってお気に入りの女の子を手中に収めるのか……
と見事な手腕に感心するなど。

と思ってたらひめ先輩もだいぶ怪しいことやってた。
というか今回やたらとほっぺにチューやってましたね。
盛大な前フリだったのか……?
~~

閑話休題であここはですが
良い具合に馬鹿やってて、特に一緒にポーズ決めちゃう小春ちゃんとか
絶妙に抜けてる感じがいい。あまり見てなかった小春ちゃんの一面に気付く。

あと穴に落ちたときのあこちゃんの姿勢というか座り方が好きでしたね。
何というか、頓着のなさというか、微妙な行儀の悪さみたいなのが出てて。

行儀が悪いというとまた微妙に違うのかもしれません、男らしさ?

まあ、普通あんな穴に落ちて清楚な落ち方なんてできるわけないけど。

そしておそらくあのアトラクションは正規ルートじゃあないんでしょうね……
アイカツならアレが正規もありうると思えるところが怖ろしい。


M4に関して。ちゃんと男性トップアイドルっぽく振る舞ってるのはいいですね。
まあ諸々考えてこれ以上の活躍描写が難しいのかもしれませんけど、
もっと大々的にライブシーンとかあると、より強者感が出ていいんですけど。

すばるとかはゆめちゃんにちょっかい出す役回りもあって
どちらかというと子供っぽさみたいなのがついて周りますからね。
それはそれでリアルでいいんですけど。

そして朝陽くんがいいポジションで。
話は前後しますがゆめちゃんを探しに行く段階で、
足として使うあの展開も凄く良いなと思いました。

すぐに駆けつけるための手段としても綺麗だと思うし
真昼ちゃんがいて、朝陽くんを使ったからこそっていう流れも無理が無い。

何より真昼ちゃんが割とすんなりお兄さんを頼ってるってところがいいし
M4とのコネがあるっていう部分を上手いこと生かしてる。

そしてきちんと、すばるきゅんと同乗できて喜ぶあこちゃんを描くところもポイント高い。
抜かりないですよね。
個人的には止め絵でいいので少し車中の様子が欲しいなと思ったのですが。

・少し引いた全員が映る画面
・あこちゃんがすばるきゅんの近くでハート目になってる
・それを呆れ顔で見てる眼鏡
 ↓
・ローラちゃんが真面目顔で「ゆめ……」って心の中で名前を呼ぶ

みたいな2カットくらいですか。まあ、テンポ悪くするだけかもしれません。


あこちゃんの地図がギャグパートだけで終わらなかったのもいいですね。
複数キャラの同時進行が交わる瞬間というのは、
これくらいの簡単なものでも「おーっ」ってなりますし、収束してこその行動の分散だと思いますね。


ゆめロラの仲直りシーンは……もう、あえて言及しない方がいいのかもしれない。

だってさぁ……もうさぁ……

こう色々とアニメとか見ていると、会話の流れとか、ある程度の型みたいなのがあるのが分かるじゃないですか。
アニメに限らずドラマでも、言葉をしゃべるコンテンツなら何でも。

今回は特に、強い思いを吐露する場面ですね。
2~3回ジャブを打ってから、最後にどデカいストレートをぶっ放すみたいな流れ。

ゆめちゃんの吐露場面。
ジャブの段階で、ライバルとか親友とか言っちゃうものだからさ、
最後の一発は、それ以上のものがないといけないわけじゃないですか。

「え?もう親友って言っちゃったよ?あとはもうアレしかなくない??言っちゃうの?それ言っちゃうの??」

っていう焦りが湧いてきて
そしてその予想通り

「大好き」

という言葉が出てきたのでした。

いや別に、この言葉にどれだけの意味を持たせるかは個々人によるのでしょうけど、
もう……

ここでアイカツのここみや結婚式が生きてきますね(こない)


あと顔が近い!!

確かに「はいそこでちゅー!!」とは思ったけど!マジでするかと思ったよ!!
ていうかほぼしてた。顔の角度がそれだった。言い逃れできないぞ。

おでこ合わせとかは、何で見たかなー、何かでありましたね。
まあよくあるものですが。
たぶんプリキュアとかでもやってるでしょ(適当)


また前後しますが伝説のドレス入手シーン。
まあ、マオリちゃんが鍵なのは何となく分かってたところですね。
ところで「同性愛」の前情報(?)のせいで、双子のおばあちゃんが生んだ子って発想を止められなかった。

仕方ないでしょ……

その伝説のドレス、凄くいいなと思ったのが、それをそのまま使わなかったところですね。
ここであのグリッターが生きてくるのかと。
ドレスメイク要素を上手くはめ込んで、単純に昔の、伝説のドレスを使うだけじゃない、
今の自分たちなりのアレンジを加えるというのが、いいなと。

昔と今の合わせ技。ドレスとしての説得力も充分。
そしてやはり、ゆめちゃんは運がありますよね。
主人公補正とか言っちゃうと台無しですけど。
バトンタッチ回に特徴的ですけど、何かと運の部分を描きますよね。

それも強さ、ある意味で個性、いいです。


つらつらと書いてたら順番が分からなくなってきた。
とりあえずS4のステージ。

4人でのepisode soloがあることは分かってましたが、
さてどういう風に盛り上げてくれるかな、と期待していた部分。

そこに不意打ちで、前奏?オープニングパフォーマンスで
オシャレな儀式が始まるんですね。

か、かっけえええええええ
つえええええええ

S4強い……
ちょうど一週間前にライブ配信を見て、S4の強さをライブの面で実感していたので
一層感動しました。
ステージ自体もよかったですしねー。

ゆめロラのステージも良かったです。
2人で両方のスペシャルアピール決めるのかっこいい……


ユニットあぶれちゃった真昼ちゃんにもきちんとフォローが入ったのもいいですね。
でも真昼ちゃんは1年生で一番だし、これくらいはね、少しくらい、ね。


書いてる途中で日をまたぐレベルで時間が経ってしまったので
終盤は雑でしたけど、この辺でシメにします。
具体的にはゆめちゃんの運に言及したあたりから。

色んなところで見る評ですが、いち青春モノとしても良かったですし
ゆめロラの恋あ……友情モノとしても濃厚でしたね。

ゆめロラに関しては、もうテレビシリーズでやること無くなったのではないかと思うくらい。
本編内でまた喧嘩することになったら、えーそれもうやったじゃーんってなっちゃいそう。

それくらいもう、2人の関係についての物語は完成した気がします。
あとは、もっと正式なユニットを組む話とかはありそうですね。


エンドロールも含めて、最後まで楽しめる映画でした。
あっ、学園長とひめ先輩のアレは要らなかったかなとか思っちゃいましたけど。
まあ、ほんの少しのスパイスと思って。

エンドロールの絵は、目が悪かったり少し離れた席だったり
あと何より隣の幼女先輩のケータイが鳴り続けてるのに気を取られて
たぶんいくつか見逃してる。
エンドロールは文字を追いがちだというのもある。

というか隣の幼女先輩、ずーっとケータイ鳴ってたのに取ろうともしなくて
隣の他所のお母さんが気にかけて声をかけてたら「(かけてきた相手が)お母さんじゃない」
とか何か不穏な空気を感じ取ったりなど。


というわけで、これからのアイカツスターズにも期待したくなる、
いや、元々してるんですけど、それがより強まった映画でした。

また見に行くと思います。
リアルの事情でそんな頻繁に、週末に映画館通ってる場合じゃなかったりするんですけど
でもこれを、映画館で見れるのに見ないなんて、そんな馬鹿なことはあっちゃいけないですよねぇ。


最後にひとこと、あんまり同性愛言い続けるのも
まためんどくさい騒動になりそうなならなそうな、そんな感じもしましたとさ。



では


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。