記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプSQ.CROWN 2017夏 感想

少しどころじゃない時間ができて積んでた漫画を少しずつ消化できているので
ここらで久しぶりに、腰を入れて感想を書いてみようかなと。

発売してから2か月以上経ってるんですけどね……

以下折り畳み


・双星の陰陽師 化野紅緒編  助野義昭

番外編読切かと思ったら新連載だったでござる。
同時連載とは恐ろしいことをなさる。まあこっちは季刊だし大丈夫なのか……?

SQを買ってた当時は読んでたんですけど、買わなくなってもう何年も経つので
展開が全然分からない。とりあえず紅緒はえっちだったけどつけてる下着は見えない仕様なのね。

あとまた少し画風が変わりましたかね。紅緒の顔が少しクドく感じた。


・幽霊殺しは笑う  藤津一 赤城紀伊呂

幽霊殺しとはまたジャンプっぽいな……という第一印象。NEXTとかGIGAっぽい、という意味。

幽霊とか除霊系はかなりありふれているのでどういうとこで差別化していくかってトコが大事ですが
その一方で既存のイメージに頼ることで鬱陶しい説明を省いてその辺の補完を読者に委ねることもできて
読む側としてはその辺を気にしてしまいますね。

この作品の場合、「幽霊を殺す」「カッターで殺す」というところが売りのようですね。
「幽霊は生き返りたくて血を求めるけど別に生き返れるわけではない」設定とか、
大事かと思わせといて否定するこれは何だろう。結局ここはうやむやにしかできなかったか。

まあ小難しいこと言いはしましたけど結論としてそこまで特別なものは感じなかったですね。
作画担当がガリョキン発ということで絵はとても良かったですけど、
お話に関してはNEXTとかGIGAにも載ってそうな域を出ないって印象ですね。

先輩に関してとか、もうひと捻りくらいしてほしかったなー。
クラウンに関しては王道とか少年漫画とか、そういう方向性をあまり期待してない人間としては。


・Groovy Blue  永田愁

題材が珍しいですね。あくまでぼくが読む漫画のジャンル的にはですけど。
お話としては王道というかストレート、特に意外性とかも無く。

狙ってるんでしょうけど個人的にはバンドメンバーのデザインはハマらなかった。
全体的にキレイでリアルよりな絵の中にひとりだけ現実離れしてて浮いて感じてしまった。

あといちゃもんレベルのやつだけど「!!」とか「!?」の連発は少々鬱陶しい。



・新妻男子  よしだもろへ

男の娘もBLも好きじゃないんだ……



・三途運送(株)  今井美紀

とてもよかったですね。題材は奇抜だし、絶妙に風刺っぽいし。
ブラック精神はあまり共感できないので最初は主人公に引いちゃいましたけど
滅茶苦茶な目に遭ったからか最後まで一貫してるからか、最終的に気に入ってしまった。

オチがとてもよかった。三途の川で仕事貰うのインパクトがいい。

しかし鬼の部分はちょっと都合よく用意された邪魔者っぽく感じてしまった。
こういうのがいるからボートもハイテク化されるし舟渡しも激務っていう繋がりに無理はないんですけど……
この辺も求めるものの違いですかね。



・ヤンキー×クロッキー  ヨシカゲ

……ちょうどアフタヌーンの『ブルーピリオド』を読んだばっかりなんだよなぁ。
タイミングが悪かった、うん。

女の子はかわいかった。



・アザレアの君へ  いしとゆうら

いいですね、クラウンを読むからにはやっぱりこういう作品があってほしい。

メイドのキャラクターはかなり癖が強いですけど、許容できないほどではない。
というくらいなので最初はしっくりきてなかったですけど、同衾あたりから「おや?」となり始め
そっち方面を期待していいのかなーって思ってたらキスシーンで確信。
(あと作者のツイッターアカウント探したらやっぱりそっち側の人か……!ってなった)

奴隷の設定とか陵辱済みなところとか、クラウンに期待するような要素を盛り込んでくれる。
欲を言えば女の子同士のもう少し踏み込んだ部分まで見たかったけどお話的に蛇足なんだよなぁ。

そしてそこからもうひと捻りあるところもいいですね。
テーマにも合ってるし過剰とも思わなかった。
カタカナ名に弱いから父親の名前とかの受信に手間取ったのはこちらが悪い。



・アントレース  かっぴー 春瀬隼

タイトルドーーーンは申し訳ないけど響かなかった、残念……!
原作作画で分かれてるところともかかってて上手いとは思うけどなーー。

こういう世界観での露骨な悪者キャラは正直悪手だと思ってしまう。
しかもこの作品内で一応高評価を受けてる連中が、というのが。

ランクづけの根拠は面接試験なんですよね。
ヒロインは一応作った服も見られてるようですが、
主人公ともども、それなりのことを言ってなおかつ行動で才能の片鱗を示したのに
最低ランク判定で、
技術はあるのかもしれないけど知識が無くて他の受験生の邪魔をするようなやつが
最高ランク判定って、先生の見る目に疑問符がつきますよ。

原作作画で分かれてることだし、こういうベタベタな悪役とかに頼らない方向でいってほしかった。



・月に叢雲 花に風  柳江里加

王道な百合ものですね。
ジメっとした描写に少しウッとなりましたけど、
ストレートで分かりやすくて良い。
お話自体に派手さというか驚くようなところはないですが
女の子同士っていうところだけで、NEXTやGIGA系と差別化できてて良いと思う。

巨乳と貧乳という対比も、ベタですが好き。きちんとそこをいじるし。
ただ個人的な趣味でいうと、貧乳というからには山もできないくらいストンとしてほしかった。
しかしゴスロリは少し癖がある、キャラ的には受け入れられるレベルではあるんだけどね……。

主人公が気合を入れるところ。ここできちんと恐ろしく描けるところがいい。説得力だなぁ。
ただ部員が顔を見てビビったところ、こういう反応をされると
ページ開いてどんな狂気に満ちた顔をしているんだとそういう期待をしてしまう。
わりと綺麗な泣き顔だったから少し拍子抜けした。
……それはこっちが悪いか?

ラストシーンはアニメとかだったら「はいそこでちゅー!」って言いそう。言う。しろ。



・ワンダーラビットガール  廣瀬ゆい

SQはもう買ってなかったけど、WJが何かの宣伝を見たのかで
気になって1巻を買ってみたものの、思ったほどでもなくて以降買わなくなったやつですね。
SQ本誌ではもう終わったのか……。

絵もすごい上手いわけでもないし、なんかエロが雑。
トーンも雑で胸の大部分が乳首みたいになってる。



・PSY KICK GIRL  俊祐

主人公が女の子なのがいいですね。
ボーイッシュなところがちゃんと生きてるし、ちゃんとネタにしてるのもいい。

ただちょいちょい顔回りに濃いトーンとか書き込みが出るの
あんまり好きじゃない。
さっぱりした絵と合ってなくない……?

知 っ て た みたいなオチも期待通りでいい。こういうのは下手に裏切らないほうがいいんだろうな。

校長像が無事?なのは意外ではあったけど。

あとラストに鈍感男にもきっちりツッコんでいくあたりもいいよね。



・鬼奇譚   坂下勇斗

BLEACHとか好きなのかなぁって思った。
最初はそんな気にしてなかったけど助けにきたあたりからこう……

その路線を目指すならもっと画力が欲しいですね。
あんまり鬼もかっこよく見えないし……

でも個人的に、そっち方面で勝負してくる作品があれば注目すると思います。
久保先生がいつ復帰されるかもわかりませんし。



・狼の夜  井上景詞

いいですね~~~クラウンにはこういうのを求めてしまうんだ。
ロシア語?は読めないので(?つけてる時点でだいぶヤバい)
どうせ後で相手視点もあるんだろうなというのは分かってはいたんですが
そこで少し読みづらさを感じてしまったんですが、それはこっちが悪いですね。
仕掛け上しかたない。

毒でも盛ってるのかとか、傷の処置が甘いとか、
その辺も全部乗っかってきてるのがいい。オチも素晴らしい。

コインのくだりは通じてほしかったなーというのはあるけど
これはこれですれ違いの作り方が悪くないし、その後の展開に必要な要素ですしね。



続きを想定してなさそうな、ここで終わりですっきりするような読切っていいですよね。
ジャンプ本誌に載るようなのとかは大体連載意識だったりで
テンプレに乗っかってたり、連載用っぽい使い切れてない設定があったり
お話1個としての完成度が少し低く感じるんですよね。

まあその辺は、ジャンプの都合とか、新人作家としての都合とかもあるから
色々仕方ないんでしょうし、当然自分の好みもありますからね。

そういうところで満足できることが多いクラウンは、やっぱりこれからも買い続けるんでしょうけど
それはそれとして早く読めって話ですよ。


おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。