FC2ブログ

記事一覧

ジャンプSQ.CROWN 2017秋 感想

ちょっと前に書いた気がするけどもう新しいの出てました。
どう考えても前回書くのが遅すぎるだけです。

またつらつらと書いていきます。

そういえばつい最近見たアニメの感想もぶつけ先が無くて
書こうかどうか迷っているところ。



・血界戦線  内藤泰弘

わおいい感じの女の子キャラが。
1話での魅せ方ホント凄いですよね。
今やってるアニメ見ても、1話の中できっちり盛り上げてきっちり締める(オトす)

あと個人的にクラウンで注目してたマス久先生がレポ漫画描いてて笑った


・お姉ちゃんの恋人  田中文

『箱庭遊戯』、好きでしたよ。単行本も買ってましたし。
ただし実は男でしたオチはダメだ。許さん。

というわけで自分にとっての前回がそれだったので、
絶対黒いことになるってワクワクしながら読んでました。

すごい温かいままに終わってしまった……そんな馬鹿な……
妹ちゃんとイケない関係になる話じゃないんですか……!?

でもこういう読切も1本くらいはあってもいいよね、っていう感じですね。
妹ちゃんが最高に可愛いだけでこうも好印象になるなんて。ああ無情。


・Stranger  白川みー

タイムリープもの。こういうのは考えだすと深みにハマるので紙面にある情報だけを汲み取るのだ。

夜という巨人とか、そこでオリジナリティ出してきてますね。
その辺の設定とかヒロインの境遇とかを咀嚼するのに気をとられて
先の展開予想とか、そういうところに気が回らなかった。

つまり一番のギミック部分に完全に引っかかったということですね。まんまと。

時代を自由に行き来できる感じなのはあんまりツッコむべきではないかな。
最後の「さて」のところにBLEACHみを感じた。


・鋼鉄達磨ハローワーク  竹蔵亮

ビジュアルからギャグマンガかと思ってしまった。
そして思ったよりハードな世界観でビビる。戦争て。
そう思わされてる時点で作者の作戦勝ちである。

出られないってお前排泄はどうしてんねん、その辺はご都合主義かい?
って思ってたらまんまと引っかかってやんの。予想とかする気無いな?

でもいいギミックでしたね。辻褄も合うしオチにもきれいに繋がるし。

しかし相手が女の子じゃなかったらこの主人公は変われたのだろうか?
というのはどう考えても野暮。
あとこういうとき大体ヒロイン巨乳だよね。



・双星の陰陽師  助野嘉昭

えっっっっっち

道満・晴明、仕方がないのだ、FGOが頭をよぎるのは。
つい最近だったしね。



・in to you  biki 佐久間悠 五十木ベス

根本から話が変わってしまうから、どうしようもないところだというのは分かる。
そこを変えたら同じような話の展開にはできないだろうし、
このキャラの関係性が作れないかもしれない。

それでも、どうしてもこれだけは言いたいと思った。

どうして片方女の子じゃないんだ……!!

1ページ目の失禁シーンとかね、女の子だったら……

お話自体は面白かったですね。
ぶっ飛んだ設定を重ねに重ねて、わりかし綺麗に収めたという感じで。
でもIQ180ならまずその呪いでどれだけのことができるか確かめたりしない?



・腐れ切って生命、穢れ落ちて林檎  星樹スズカ

とてもいいですね。とてもいい。
こういうのが読めるからクラウンは良いのだ。
こういうのが読みたいならジャンプから少し離れたほうがいいのでは?とは思わない。

少し魔法の設定がややこしいところが気になりますね。
「属性」から「できること」の繋がりがイマイチ入ってこない。
結局のところ作者の都合だったりするのでは?みたいな。

序盤の雰囲気から牛殺しの場面にきて「セックス」って単語が普通に出てくるあたりで
軽くガッツポーズするみたいな感じあるよね。
姉妹愛モノってところもすぐにわかるし、もう以降の展開に期待しかない。

だからこそ彼氏が出てきたあたりで「ん?」って感じになっちゃうのは仕方がない。
このタイミングでまだ新キャラが出てくるのかって。
「今日の約束」って部分も分かりづらかったですね。
先の「ホテルに入る予定」ってのが演技だと思って読んでいたからでしょう。
ていうか繋がるところはそこだよね??

突然の男登場も濡れ場のためだとわかると許せる正直さ。
そこからの展開がとてもいいですね、とってもいい。
ちょいちょいレズキスを挟んじゃうあたりがいい。

しかしオチは少々残念でした。これはこれである意味ハッピーエンドではあるけど
ぼくはお姉ちゃんが勝って愛で支配エンドを期待してしまっていたので。
死んでしまうとその先が無いですからね。もったいないなぁと思ってしまう。

一方で死ぬからこそいいと思ったりするのもあるので自分の感情もまだまだ分からない。

良き絵を描かれる方だなぁと思っていたので百合が見れたのがとてもよかった。
しかしこういう方は必ずしもいち方向に留まらないのでむずがゆい思いをするものです。



・ハルちゃんのひとたらし  白無新木

いきなり女の子のトイレ事情とかやるなぁ!!!
タイトルにこうあるのに主人公がどっちか分かってなかった。
2話で気づく。

なんかいいよね、出会いがこうシモな感じで、以降も仲良くしてるのが分かると
ああこれもう一線越えちゃうなぁみたいな(歪んだ脳味噌)

欲を言えばお互い呼び捨てになってるみたいなそういう進展が分かる描写があれば(本筋から外れる)

最後のオチの付け方も美しい。


・楽しい時はすぐ過ぎる。  新浜けいすけ

星樹スズカ先生のと1、2を争うレベルで好きだった作品ですね。
あっちが性癖に刺さる作品だとしたら、こちらは人生経験に刺さるって感じでしょうか。

題材自体はシンプルでとりわけ凝ったものでもないんですけど
だからこそ共感を得やすいんでしょうね。おそらく誰しも感じたことのあるもので。

最初にオチが提示されてるから余計につらい。
自分自身の楽しかった思い出と重ねて、それが終わってしまっているつらさがわかるから
その終わりに向かって進んでることがわかるのがつらい。
その道が正解だと思うからどんどんつらさが上乗せされていく。

でもこう、一気に時が進んでいくところに一種のカタルシスがありますね。
よく選んだ!勝った!みたいな。不思議ですねーーずっとつらかったのに。

読み終わってまた自分の人生とかを振り返ったりして、つらくなったりして
だからこそとてもいい作品だと思いました。



・わきあいあい  完

ちょっとよくわからないですね。あまりにも平坦すぎて特に思うところも無い。



・絆創膏の絆  遠山花近

狂気しか感じない、なんか表情もこわいし。
題材とか設定は面白いんですけどね。
ただちょっと何をしたかったのかが分からなかった。
ここで終わり!?って感じだし。
いきなり指食ったり、もうなんか気持ち悪い。
そう思わせた時点で作者の思い通りなのかもしれませんが。

なんか普通の50Pくらいの読切だったら15~20Pくらいまでで済ませてしまうような話で
1話やりきったみたいな、そんな印象でした。



・夕暮れのエデン   杉谷庄吾

画面が暗いなぁ、デジタル特有のこれだよ……
もう少し雑誌掲載を考えてくれ、WJに比べると綺麗な印刷ではあるけど
このレベルは見づらいんだ。

お話自体は、色々刺さるところもあってよかったと思います。
お絵描き周りの話はね……うん

SFとしてこの話が果たして面白いのだろうかというところはある。
圧倒的画力があれば見え方も違うのかもしれない。
こういう作中作モノは、ちゃんと作中の評価に合ったようなものを考えないとなので
難しいですよねー

まあ、先のことは書かれてないので、粋がった若者が見事に打ち砕かれる展開になるのかも。
案外その辺を皮肉った作品だったりして……?



・魔王様は逃げられない  いしとゆうら

前回すごく刺さったやつ描かれた方じゃないですかーーー
と思ったら今度は百合じゃなかった。

ほら、こういう風にいち方向に留まってくれないんだ……!!

お話はストレートに面白かったですね。ギャグも外れなかったし。
まあ前回みたいな変化球を期待してたところはあるので、アレですけど……

オチはちょっと、もう少し優しくしてあげてほしかったみたいな、そういう感じでした。



・がらくた姫とつくもさん  桜イオン

絵がとっても素晴らしいですね。圧倒的画力って書かれるだけのことはある。
もう絵だけで何でも許せそうな気になっちゃう。卑怯だぞ!!!!

しかしお話は、ジャンプにありそうな感じだったのが残念です。
分かってます、そんな判断基準自体が残念なのは。

付喪神もだいぶ題材として摩耗してる感じありますね。
「ここたま」くらいまで崩してくれるとそれならまあ、って感じでアリですが。

「物の声が聞こえる」って設定だけだったらまだ大丈夫だけど、
そこに家業とか、悪霊的なものに派生すると一気にジャンプくさくなって
そういうの見飽きたんだよなー、って、そんな感想になってしまう。

とてもいい絵を描かれるので、安易にバトる感じじゃなくて
もっと人と人だけのお話でもやっていけると思いますね。
女の子同士の友情とかそういう方向性はどうですか、ダメですか。



・LOVE KILLED THE GHOST BOY  土面験理

こちらはこちらで画力がもう少しあればなぁ、と思ってしまう。
そこはわざとなんでしょうけど幽霊が気持ち悪かったり
蓮コラちっくになってるのは物理的に目を逸らしたくなるのでマイナスです。
そこまでのことはやらなくてよい……

気持ち悪いと思っちゃうと愛着が湧かないんですね。
だから話に乗れなくなってしまう。

オチは少しご都合感ありましたね。
男運の悪さまで解決しちゃうのかぁって。


以上おしまい。
毎回遅い時間に書き始めるから寝るのも遅くなる。
何をやっているんだろう

ここで気に入った作家がSQに行ったりするけど、
SQのほうはもう追ってないし今更追い始めるのもなーって思うから
何か微妙な感情になっちゃう。
肘原先生とか、気に入ってたんですけどね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント